成人記念の前撮りのデメリット

前撮りは予約が取りにくい

成人式の前撮りは予約が取りにくいというデメリットがあります。成人式当日は忙しくて写真を撮る時間がないので、別の日に余裕をもって撮影したい、と考えている方は少なくありません。また、写真館での撮影はプロの手によるもので、美しい晴れ着姿を更にキレイに見せることが出来ます。小道具や背景、着物がキレイに見えるポーズ指定など、内容が充実しているのも人気の理由の一つです。このような理由から、成人式の周辺期間は写真館の予約がいっぱいで取りにくくなっています。人気の写真館によっては、数か月以上待ちという場合も珍しくありません。成人式の記念撮影をしたいと考えている方は、なるべく早めに予約を入れることをオススメします。

場合によっては真逆の季節に撮影することも

前述の通り、写真館で前撮りをする場合、予約が取りにくく、場合によっては数か月待ちということもあります。人気の写真館では特に予約数が多く、希望の日時に前撮りができる可能性は低いです。また、予約待ちの場合、成人式の周辺期間に撮影ではなく、まったく異なる季節での撮影になることもあります。成人式は一般的に一月に行われますが、真逆の夏に前撮り撮影、というケースも珍しくありません。厚手の着物は夏場に着るにはかなり暑いので、撮影するだけで負担になってしまいます。また、特に女性は夏場のメイクやヘアカラーなど、季節によってオシャレを変える方が多いです。このため、着物を着た時に季節感がちぐはくな印象を受けてしまう可能性もあります。