七五三の前撮りのメリット

家族みんなで成長を祝う忘れられない七五三

七五三は髪を伸ばし始める3歳、初めて袴を着る5歳、大人と同じ帯を結び始める7歳の3つの儀式が一緒になった行事です。そのため現代でも晴れ着を着用してわが子の成長をお祝いします。晴れ着姿で緊張している表情もまたかわいらしいものですよね。そんな晴れ着姿ですが、子どもたちにとっては窮屈で動きにくく、面倒な衣装でもあります。着物を着て神社でお参りし、記念写真をとり、家族で食事をする。忙しい1日は大人でも疲れてしまいますね。 そこで、写真撮影の時期を早めにずらす前撮りがおすすめです。お参りと写真撮影の時期をずらすことでスケジュールに余裕ができます。なれない着物を着るのは、大人でも少し緊張してしまいますね。小さな子どもはなおのこと。前撮りは、なれない着物を着る練習にもなります。七五三のお参り当日をイメージしながら予行演習のつもりで撮影しましょう。

余裕をもって最高の笑顔を写真に残そう!

11月の七五三の時期になると記念写真を撮影する人が多くいるため、撮影スタジオが混み合います。人気のスタジオだと予約がとれない、撮影時間が短いなどと思うように撮影できないことも。前撮りすれば、時間に余裕をもった写真撮影が可能です。また、混み合う時期を避けることで、撮影料金がおさえられるのはうれしいですね。撮影料金が安くなったぶん、七五三のお食事会をちょっと豪華にしてはいかがですか。 女の子の場合だと夏休み前に前撮りしたい、という親御さんもいらっしゃるようです。これは夏休みに海や山へ遊びに行って、子どもが日焼けしてしまうからだとか。せっかくの晴れ着をきれいなお顔で残したいという細やかな気遣いが感じられますね。